C# 入門講座
Visual Studio 2005 Visual Studio 2008 Visual Studio 2010 Visual Studio 2012 Visual Studio 2013 Visual Studio 2015 Visual Studio 2017 Visual Studio 2019

第1回 はじめてのプログラム

この記事が対象とする製品・バージョン (バージョンの確認方法)

VS2019 Visual Studio 2019 対象です。
VS2017 Visual Studio 2017 対象です。
VS2015 Visual Studio 2015 対象です。
VS2013 Visual Studio 2013 対象です。
VS2012 Visual Studio 2012 対象ですが一部画面が異なる場合があります。
VS2010 Visual Studio 2010 対象ですが一部画面が異なる場合があります。
VS2008 Visual Studio 2008 対象ですが一部画面が異なる場合があります。
VS2005 Visual Studio 2005 対象ですが一部画面が異なる場合があります。
VS.NET 2003 Visual Studio 2003 対象外ですがほとんどの操作は同じなので参考になります。
VS.NET 2002 Visual Studio (2002) 対象外ですがほとんどの操作は同じなので参考になります。

ようこそプログラミングの世界へ! これを見ているあなたは少なくともある程度はプログラミングに興味を持った人のはずですね。C#は初心者がプログラミングをはじめるのに適した言語です。操作や学習が簡単なうえ、プロが現場で使用している他の言語と同等の機能をもっています。実際にC#で構築されているシステムもたくさんあります。C#を極めて使いこなしても良いですし、C#を足がかりにPythonなど他の言語を勉強していっても良いでしょう。プログラミング言語は表現はちがってもどれも共通の原理で動いているのでどれか1つわかるようになると、他の言語の習熟も簡単になります。

当サイトはもともとVisual Basicという言語を扱っていたので、サイト名は「Visual Basic 中学校」ですが、このC#入門講座ではC#を扱います。(「ファミ通」という雑誌が今ではファミコン以外のゲームを扱っているのと似たようなものだと思ってください)

プログラミングの経験がある人もない人も「プログラムしてみたい」という人は大歓迎です。まったくプログラムしたことがないという方も読みすすめればプログラムができるようにWEBサイトを構成したいと思います。それでも文章が下手なのでわかりにくいところがあると思いますから遠慮なく掲示板に書き込みしてください。

概要

・Visual Studio を起動する。

・プログラムを作成して実行する方法。

・プログラムの保存する方法、開く方法。

 

1.プログラムの前に

 

プログラムの話を始める前に、この入門講座を読むための3つの注意点を説明します。

注意点1.Windowsの基本操作ができること

まず、必要な条件はWindowsの基本的な操作ができることです。たとえば、フォルダの作り方や文字の入力方法などを知らない方はプログラムの勉強を始める前にWindowsに慣れてください。

注意点2.対象製品

この講座はWindows + Visual Studioを使用して C# のプログラミングをすることを前提にしています。

Visual Studioには Community (読み方:コミュニティー) と呼ぶ無償版が用意されており、インターネットにつながってさえいれば誰でもダウンロードできるようになっています。まだVisual Studioをインストールしていない方は、Community版をインストールすればこの講座でC#の勉強をすることができます。

Visual Studio Community 2019を無料でインストールする方法

この講座ではできるだけVisual Studio 2005以上に当てはまるように説明するつもりですが、できるだけ最新版のVisual Studio 2019を使用してください。

Visual Studioのバージョンが異なると少し画面や操作法が異なる場合もあります。

Visual Studio以外の手段でもC#を使ったプログラムは可能ですが、一般的ではないために当サイトではあまりふれません。

メモ メモ  -  Visual Studio.NET(2002)、Visual Studio.NET 2003を使用されている方へ

Visual Studio.NET (2002), Visual Studio.NET 2003はこの講座の対象ではありませんが、この講座の内容が9割りくらい当てはまるので参考にはなります。
一覧からはずした理由は、違いが大きいことことと、現在は使用者が少ないだろうことを考え、入門者が混乱しないようにしたためです。

注意点3.画面とバージョン

このサイトは何年にもわたって書き足しているので、掲載している画像が古いバージョンのものである場合があります。見た目は違っても大きな違いはないと思いますが、みなさんが実際に使用している画面とは少し違う場合がありますのでご了承ください。

以上3点をご了承いただければ、知的で興味深く、ついでに役に立つすばらしいプログラミングの世界があなたを待っています! 

2.Visual Studio 起動

 

まずはVisual Studioの起動から空のプログラムを作成するとことまでを説明します。

Visual Studioを起動する方法は他のアプリケーションと同じで、アイコンをダブルクリックしたり、スタートメニューから選択するなどいろいろあります。

次のような画面が表示される場合はまだ、Visual Studioの使用権を取得できていません。「サインイン」をクリックして使用権を取得してください。インストールしてから30日間は試用期間中で、この期間中ならば「後で行う。」をクリックして、使用権なしで先に進むこともできます。

Visual Studio サインイン

■画像

 

開発設定を選択する画面になる場合は「全般」を選択してください。

ここで選択するものに応じて画面やキーボードの使い方が変わります。色はお好みでよいです。

 

ここから先いくつかの画面がVisual Studio 2019とその前のバージョンとで大きく異なりますので、2つのパターンに分けて説明します。

3.Visual Studio 2019の場合

Visual Studio 2019の場合、Visual Studioを起動すると下記の画面が表示されます。

新しいプログラムを作り始めるときは「新しいプロジェクトの作成」を選択します。「プロジェクト」というのはプログラムのまとまりを指す用語で、プログラムを作成する上では必ずプロジェクトを作成しなければなりません。今回はこの「新しいプロジェクトの作成」をクリックしてください。

Visual Studio 2019 作業の開始

■画像2

新しいプロジェクトの作成画面になります。この画面では作成したいアプリケーションの種類を選択します。何もないまっさらな状態からプログラムを開始することもできるのですが、その作業は面倒なことが多いので、作りたいプリケーションの種類を指定するとVisual Studioが最低限の設定とプログラムを一番最初に行ってくれます。これをテンプレートと呼びます。

テンプレートの種類が多いので、言語に「C#」を選択あ、プロジェクトタイプに「デスクトップ」を選択して、一覧を絞りましょう。

 

■画像3

メモ メモ  -  プロジェクトの種類、なぜプロジェクトの種類を選ぶのか
C#で作成できるプロジェクトにはいろいろな種類があって、初心者を混乱させます。初心者はそもそも自分が作りたいアプリケーションが何という種類なのかを知らないからです。

この講座ではひとまず難しいことを考えずに、私が最良と思う Windows フォーム アプリケーション を前提に話を進めます。Windows上で一般の人が使用するアプリケーションのほとんどはWindows フォーム アプリケーションに該当すると思いますので、大きく外れることはないと思っています。プログラムのことが理解できてきたらもう1度プロジェクトの種類を見返して、自分が作りたいものはどの種類に属しているのか考えてみると良いでしょう。

 

 一覧の中から「Windows フォーム アプリケーション(.NET Framework)」を選択します。

これは文字通りWindows上で動作する画面を持ったアプリケーションを意味します。選択したら「次へ」をクリックしてください。

Windows フォーム アプリケーション

 ■画像4

メモ メモ  -  先生! Windows フォーム アプリケーションがありません!

本当にありませんか?一覧を上下にスクロールさせてよく確かめてみてください。

それでも見つからないようなら、「プロジェクト タイプ」で「デスクトップ」を選択しているかどうか確認してみてください。

それでも見つからないようなら、あなたのVisual Studioにはこの機能がインストールされていませんね。インストールするときにこの機能を選択しないと使用できないのです。後からこの機能を有効にするには、最初の画面で「コードなしで続行」を選択してから、ツール メニューの ツールと機能を取得 で、ワークロードの一覧から 「.NET デスクトップ開発」を選択してください。これでこの機能が追加インストールされて、あなたのVisual StudioでもWindows フォーム アプリケーションが選択できるようになるはずです。

 

次が最後の画面です。

ここではプロジェクトの名前や保存場所などを設定します。

ExcelやWordなど通常のアプリケーションでは、まず編集を開始して、ファイルを保存するタイミングで保存場所やファイル名を指定しますが、C#では、編集を開始する前に名前や保存場所を設定する必要があります。

名前と保存場所は後で変更するのは意外と面倒なので、こだわりがあればここで指定します。

今回は名前はデフォルトのままにします。場所はこだわりがあれば変更しても良いです。

設定が完了したら「作成」をクリックしましょう。

新しいプロジェクトを構成します

■画像5

作成ボタンをクリックすると、プログラミング画面が表示されます。みなさんはこの画面で実際のプログラムをしていくことになります。

Visual Studio 2019 Windows フォーム アプリケーション

 ■画像6:Visual Studio 2019のWindowsフォームアプリケーション デザイン画面

 

4.Visual Studio 2017以前の場合

Visual Studio 2017以前の場合、起動すると下の画像のような画面が表示されます。製品や設定によって画面の表示内容は異なりますので少しくらい実際の画面と異なっていても気にしないでください。

Visual Studio 2017を起動した最初の画面

■画像7:Visual Studio 2017を起動した最初の画面

この画面にはネット経由で自動的に最新の情報などが表示されます。この段階ではプログラムはまだ作成されていません。

プログラムを作成するために画面に赤い四角で示してある「ファイル」メニューから 新規作成 - プロジェクト をクリックします。(古い製品では 新規作成ではなく、 「新しいプロジェクト」となっているものもあります。)

「プロジェクト」というのはプログラムのまとまりを指す用語で、プログラムを作成する上では必ずプロジェクトを作成しなければなりません。

 

次の段階ではプロジェクトの種類を選択する画面が表示されます。この画面も設定やバージョンによって内容が異なります。

プロジェクトの選択 Visual Studio 2017

■画像8:Visual Studio 2017のプロジェクトの種類選択画面

C#ではいろいろな種類のアプリケーションを作成できるため、一番最初にどのような種類のアプリケーションを作成するのか選択するわけです。またプロジェクトに名前をつける必要もあります。

この画面では、@Visual C#を選択し、AWindows フォーム アプリケーションを選択し、最後にBOKをクリックしてください。

「Windows フォーム アプリケーション」とはWindowsで普通に動くプログラムを作ることを意味しています。Visual Studio 2005以前のバージョンではAは「Windows アプリケーション」と表示されます。

プロジェクトの名前や保存先のフォルダーは変更してもしなくてもどちらでもよいです。ExcelやWordなど多くのアプリケーションでは保存するときにファイル名やフォルダーを指定しますが、C#では一番最初に指定します。

メモ メモ  -  プロジェクトの種類、なぜプロジェクトの種類を選ぶのか
C#で作成できるプロジェクトにはいろいろな種類があって、初心者を混乱させます。初心者はそもそも自分が作りたいアプリケーションが何という種類なのかを知らないからです。

この講座ではひとまず難しいことを考えずに、私が最良と思う Windows フォーム アプリケーション を前提に話を進めます。インターネットでダウンロードできるアプリケーションの大多数はWindows フォーム アプリケーションですので、大きく外れることはないと思っています。プログラムのことが理解できてきたらもう1度プロジェクトの種類を見返して、自分が作りたいものはどの種類に属しているのか考えてみると良いでしょう。

 

OKボタンをクリックすると、プログラミング画面が表示されます。みなさんはこの画面で実際のプログラムをするわけです。

Visual Studio 2017のデザイン画面

■画像9:Visual Studio 2017のデザイン画面

 

5.プログラムの実行

ここからの操作はバージョンが違っていてもだいたい同じですので、Visual Studio 2019の画面を見ながら説明します。

手順どおりに操作していれば今次のような画面が表示されています。

例によって、バージョンや設定が異なる場合、少し表示が違う部分もありますので細かい部分はあまり気にしないてください。

Visual Studio 2019 Windows フォーム アプリケーション

■画像10

この画面はデザイナーと呼ばれます。もっと専門的に「Windows フォーム デザイナ」と呼ぶ場合もあります。この画面にははじめから、Form1と書いてあるウィンドウのようなものが表示されています。厳密に決まっているわけではありませんが、これをプログラム中は「フォーム」、実行中は「ウィンドウ」と呼ぶことが多いです。

これからみなさんはこのフォームにボタンをつけたり、文字や画像を表示したりしてプログラムしていくことになるのです。そして最終的にはこれがゲームになったり、ワープロになったりするのですから面白いですね。

画面の右上にはソリューションエクスプローラーという重要なサブウィンドウも表示されています。

ソリューションエクスプローラー

■画像11

これの使用方法は今後必要に応じて説明していきます。

 

それでは、早速プログラムを実行してみましょう。まだ何もプログラムしていないはずですが基本的な機能はテンプレートに含まれているので最低限の動作はしてくれます。もちろん必要であればこの基本的な機能からプログラムすることもできますが、普通はあまり行いません。

プログラムを実行するには画面の上の方にある[開始ボタン]をクリックします。

VB2013の実行ボタン

古いバージョンでは「開始」という文字は表示されていないので、緑の三角を目印に探してみてください。

操作方法 プログラムを実行する方法

プログラムは他の方法で実行することもできます。

  • キーボードの F5 を押すだけで実行することもできます。
  • [デバッグ]メニューの[デバッグの開始]をクリックして実行することもできます。

少しだけ待つと画面に、何もないのっぺらぼうのウィンドウ(フォーム)が表示されますね。

空のウィンドウ

■画像12

 これが現在プログラムしているフォームなのです。

何もプログラムしていない状態でも基本的な機能が動作するか確かめて見ましょう。たとえば、最小化や最大化やサイズ変更ができるかマウスで操作して確かめてみてください。Windowsの普通のウィンドウとまったく同じようにこれらの機能が働くことだわかるでしょう。

 

確認が済んだら実行を終了させます。

実行を終了するにはウィンドウの右上にある閉じるボタン(×ボタン)をクリックするか、ツールバーの ■ 停止ボタンをクリックします。

VB2013の停止ボタン

画像の赤い■が停止ボタンです。古いバージョンでは色が違う場合があります。 

6.文字を表示させる

 

せっかくですから簡単に文字を表示させるプログラムをして見ましょう。プログラミング画面にもどったらフォームをダブルクリックしてください。

そうすると次の画面が表示されます。

Visual Studio 2019 コードエディター

■画像13:Visual Studio 2019 のコードエディター

この画面は「コードエディター」と呼びます。先ほどまでのフォームが表示されていたデザイナーとコードエディターは画面上部のタブで切り替えられます。

タブ

■画像14:タブ

操作方法 操作 - 画面を切り替える方法

デザイン画面とコードエディターの切り替えは他の方法でも行えます。、画面右上に表示されているソリューションエクスプローラーでも行えます。

ソリューションエクスプローラー

■画像15

  • Form1.cs をダブルクリックすると、デザイン画面に切り替わります。
  • Form1.cs を選択した状態で [表示]メニューの[デザイナー]をクリックするとデザイン画面に切り替わります。
  • Form1.cs を選択した状態で コード編集画面 アイコンをクリックするとコードエディターに切り替わります。(Visual Studio 2012以降)
  • Form1.cs を選択した状態で [表示]メニューの[コード]をクリックするとコードエディターに切り替わります。
  • Visual Studio 2010以前ではソリューションエクスプローラーのVB2010以前の画面の切り替えボタンアイコンで切り替えることもできます。左はコードエディター、右はデザイン画面です。
他にもいくつか方法があります。

コードエディターにはすでに20行程度プログラムがされていますね。これが自動的に生成されたフォームの基本的な機能のプログラムです。詳しく見るとたいへんなので、はじめのうちは無視しておきましょう。

これらのうち次の3行は、あなたが今フォームをダブルクリックしたのに反応して自動的に生成されたものです。どこにあるか探してみてください。

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{

}

■リスト1

これは「フォームを表示する準備が整ったら…」という意味です。準備が整ったらどうするのかはあなたがプログラムするのです。

今回はこの間に次の1行を追加してください。

MessageBox.Show("Hello! World");

このプログラムは Hello! World と表示しなさい という意味です。

文字を打ってる途中にいろいろごちゃごちゃでてきて気になるかもしれませんが、最初のうちは理解する必要はないでしょう。 また、( や " を入力すると自動的に ) と " も入力されます。これらは初めのうちは戸惑うかもしれませんが、慣れるとありがたい入力支援機能です。一番最後には セミコロン ; を忘れずにつけてください。

プログラムの入力では大文字と小文字を区別しますのでお手本を見ながら正確に打ってください。

こういったいろいろな発見や経験のために、サンプルプログラムはただ眺めているだけではなく、実際に打ち込んで実行してみることを強くお勧めします。

完了すると次の通りになります。

 

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
    MessageBox.Show("Hello! World");
}

 ■リスト2

3行目(MessageBox.Showの行)の開始位置を下げて国語の段落のようにしていますが、これはプログラムを見やすくするためであって特に意味はありません。

できたら[開始ボタン]VB2013の実行ボタンをクリックしてプログラムを動かしてみましょう。どうですか?

もし、「ビルドエラーが発生しました。続行しますか?」というようなメッセージが表示された場合には、プログラムがどこか間違っている場合です。[いいえ]を選択して、もう一度よく見直してください。

 

メモ メモ  -  波線

プログラムのエラーをC#が自動的に見つけてくれる機能もあります。この場合はエラーのある個所に波線が表示されます。この波線を見たら「どこかに間違いがある」ということです。

コーディングのエラー

■画像16:エラーがある場合に表示される波線


うまくいった場合にどのように表示されるかは自分の目で確かめてください。確かめたらプログラムを終了してください。

これであなたは、画面に好きな文字を表示させることができるプログラマーになりました。

 

7.プログラムを保存する

 

プログラムを保存するには下の画像のアイコンをクリックします。

Visual Basic 2013 保存ボタン

左のボタンは現在表示されているファイル1つを保存するボタンで、右のボタンはすべてを保存するボタンです。特に理由がない時はまちがいのないようにすべてを保存する右のボタンをクリックしましょう。これらの操作はメニューから行うこともできます。

その他 フロッピーディスク

Visual Basic 2013 保存ボタン ちなみにこのアイコン、「フロッピーディスク」という記憶装置の絵です。昔はみんなこのフロッピーディスクにファイルやデータを保存していたので、今でも保存のアイコンの絵にはフロッピーディスクが使われています。

保存先は、最初にプロジェクトを作成したときに指定したフォルダーになります。

 

保存すると、「場所」に指定した場所にソリューション名のフォルダーが作成されます。このフォルダーの中を覗いてみるといろいろなフォルダーやファイルが入っています。

これだけの小さなプログラムでも複数のファイルからなりたっていることがわかります。ですから、作成したプログラムを人に渡す場合や、コピーしてどこかにとっておきたい場合はこのフォルダーごと渡したりコピーしたりするようにします。中のファイルだけ渡してもどのようなプログラムなのかわからない場合があります。

たくさんあるファイルの中で拡張子が sln であるソリューションファイルと、拡張子が csproj であるプロジェクトファイルが全体を束ねているファイルで、どちらかのファイルをダブルクリックすることでVisual Studioが起動してプログラムを編集することができます。

Visual Studioからプロジェクトを開く場合もこの拡張子が sln のソリューションファイルか拡張子が csproj のプロジェクトファイルを選択します。

メモ メモ  -  プロジェクトとソリューションの関係

ソリューションとはプログラム全体を管理しているもので、プロジェクトよりも上の位置づけだと思ってください。

複雑なプログラムを作るようになると複数のプロジェクトをお互いに連動させてうまく動作するようにプログラムしていくことがあり、そのような場合には関連のあるプロジェクトを1つのソリューションが束ねる形になります。

当面は1プロジェクト=1ソリューションでよいので、「プロジェクトとソリューションは同じようなもの!」と思ってしまっても問題ありません。

 

6.プログラムを開く

 

それでは、最後に今作ったプログラムを開いてみましょう。いったんVisual Studioを終了させてから、もう一度Visual Studioを起動してください。そして、今作ったプログラムを開いてみましょう。

Visual Studio 2019の場合、最近開いた項目にソリューションが表示されるので、これをクリックすることですぐに作業を再開できます。

Visual Studio 2019 最近開いた項目

■画像17

最近開いた項目に表示されていない場合は、右側の「プロジェクトやソリューションを開く」をクリックして、目的のslnファイル(またはcsprojファイル)を選択することでソリューションを開くことができます。

 

Visual Studio 2017以前のバージョンでも同じですが、少しクリックする場所が違います。@WindowsApplication1 をクリックすると、 一番最近使用した WindowsApplication1 というプロジェクトが開きます。一覧に表示されていないもっと以前のファイルを開きたい場合は Aプロジェクトを開く をクリックします。

プロジェクトを開く

■画像18

Visual Studioは前回の作業状況を記憶しており、デザイナーやコードエディターも自動的に開いてくれます。もし、うまく開かないようなことがあれば自分でソリューションエクスプローラでForm1.csをダブルクリックするなどして目的の画面を表示させてください。

ソリューションエクスプローラー

■画像19

 

7.最後に

 

というわけで、今回は本当に基本の基本 プログラムの作成方法・保存方法・開く方法 を解説しました。すでにいくつかの専門用語も登場しているので最後に簡単なまとめ + α を掲載します。それでは、みなさんがこれをきっかけに楽しいプログラミングライフを送ることを祈ります!

重要な用語

用語 説明
プロジェクト プログラムを扱う単位のこと。「プログラムを編集する」、「プログラムを保存」するという代わりに「プロジェクトを編集する」、「プロジェクトを保存する」などと言う。
ソリューション プロジェクトの上位の位置づけで、プロジェクトを束ねるもの。はじめのうちは1プロジェクト=1ソリューションなので、「プロジェクトとソリューションは同じようなもの!」と思ってしまってよい。
デザイン画面 プログラムの見かけの部分をデザインする画面。
フォーム Windowsの一般人向けの用語で「ウィンドウ」と呼ばれているもの。
コードエディター 実際にプログラムを書く画面。なお、「コード」とは「プログラム」と同じ意味。「文」と「文章」の違いのようなもの。
.sln プログラムを管理しているファイルの拡張子。このファイルをダブルクリックして開くこともできる。

 

参考

コード エディター の機能

https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/ide/writing-code-in-the-code-and-text-editor?view=vs-2019